オタクで結構コケコッコー

アイシスレインボーヒーリングメンバー、おたっきーゆっきーのブログです。

- stage 18: School of magic -

1月のワークショップで先生から、魔法使いになれたことを少し紹介された
おたっきーゆっきーです。

ワークショップに参加した方の中には、今回の記事でおたっきーが使えてる魔法を
知ることができるのだろうと期待されてる方もいると思います。
期待されると裏切りたくなるおたっきーなので、
魔法のようにパッと現れていきなり特Aメンバーの仲間入りした
Kanakoさんヾ(*´∀`*)ノについて書こう、、、
と考えたのですが、今回は早く魔法のことを言いたいおたっきーの気持ちが勝ちました。
特Aの新メンバーについては次回書きたいと思います。

前回の記事におたっきーがどのように成功してるかと書きましたが、
これはどのように魔法を使えてるかと大きく関係している気がします。
五次元スクールの校長、椿先生の魔法の力を借りてマッサージサロンを持つという自分の
夢を形にできたおたっきーは、夢を叶えることに成功しました。
そこで終わりではないことを五次元スクール生はしっかりと叩き込まれてますよね!
五次元スクールやワークショップで教わってきたことを日常で実行すること、
そして優先順位を間違えないこと。
すごくシンプルなのですが、この二つをやり続けてたら気付けば魔法を
使えるようになってました。

「心を育てる五次元スクール」は自分磨きができる場所、
というところに惹かれておたっきーは生徒になりましたので、
もう一つの魔法使いになれるよっ☆の方は完全にスルーしてたんです。
だっておたっきーマグルですし、魔法少女に憧れとかなかったですし(ヾノ・∀・`)笑
なので、先生に「それ魔法使えてるじゃん」と言われるまで
魔法を使えてることに気付かなかったんです。

では、どのように魔法を使えているか?つまり、どのように成功しているか?ですが、
おたっきーのサロンは宣伝方法がクチコミだけにも関わらず、
オープンしたてから、ずっと黒字が続いてます。
おたっきーの苦手な分野の宣伝は得意な常連さん達がしてくださっています、
なので自分の得意分野の大好きな足ツボだけに集中できる夢のような環境で働けてます。
この流れは先生の魔法の力をお借りして作ってもらえているとしか思えません。
魔法が使えるようになってから、おたっきーの魔法は最近特に頻繁に発動してるのですが
(実はこの記事を書い てる最中にも発動しました)、
その発動条件などは全く分かってません。
ただ、おたっきーが「最近この常連さん来てないな」または
「近いうちにこの常連さんが来る気がする」と思った何分後かにその、
思っていた人から電話やテキストがきて予約が入るという魔法がやけに多く
起こり始めています。
ときには、どうしてるかな?思っていた二人からその日のうちに
連絡がきたこともあったので、これは魔法のレベルが上がったってこと!?と
おたっきーのテンションがおかしくなった日もありました。

こんなかんじで少し地味だけども、とても役立つ魔法のおかげもあり、
サロンをオープンしてからも成功し続けられています。
五次元スクール生の誰もが魔法使いになれるチャンスを持っているんだということが
伝わって、みなさんのやる気がインセンディオして(燃えて)くれることを願います。








別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<- stage 19: Choice - | オタクで結構コケコッコー | - stage 17: Solo solo player ->>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| オタクで結構コケコッコー |