オタクで結構コケコッコー

アイシスレインボーヒーリングメンバー、おたっきーゆっきーのブログです。

- stage 28: Dreams really do come true -

ありがとうございます。
9/15は何度もこの言葉が頭で再生されてました。
おたっきーが幸せを特に噛み締めた一日でした。

おたっきーがハワイで足ツボサロン「Step by Step」をオープンしてから一年が経ちました。

夢が叶うまでの道を振り返ると、
もしもあの時にあの言葉を先生から聞けなかったらと思い出すことが何度もあります。
マッサージ屋さんになるという8歳の夢を叶えるというイベントは、
先生と繋がってなければおたっきーの人生では絶対に発生することはなかったでしょう。

自分が欲している的確なメッセージを聞けるって本当にすごいことですよね。

8歳の頃の夢なんて自分はすっかり忘れてて、
進路を決めないといけないからと全く興味のない道を進むか悩んでいたときに
先生から今の道を聞くことができました。
その時の先生の言葉がどれだけその時の自分にとっての希望になったか、、、

このために生まれてきたんではないかと思うほど今が幸せで、
あのまま違う道を進んでたらどうなってたか想像しようとするだけでガクブルです。:(;゙゚'ω゚'):

「夢というのは叶ったら終わりというわけではない」by 真由美先生

夢を叶えた後のサポートもばっちりしてくださる先生(T ^ T)
先生のようなかっこいい生き方を自分もしたいので、
これからも五次元スクールやワークショップで自分磨きを頑張ります!





別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- stage27: Return -

前回のブログで決して夏バテしてた訳ではなく、
みなさんの熱さに負けていたと書きたかったおたっきーゆっきーです。
これを書きながら思い出したのは2年前の山の上での五次元スクール合宿で、
焚き木を囲みながら先生が「ボーボーと燃える火の勢いが落ちても静かに燃え続ける、
そんな燃え方も素敵だと思う」とおっしゃったこと。
「そんな発言をする先生も素敵だと思う」と
そのときにおたっきーが心の中で言ったのも覚えてます。 ( *´艸`)ムフ

先生から人と比べないようにと教わってるのに、
燃え方の違いで温度差を感じて、勝手に落ち込んでしまってました。
やるべきことができてるかできてないか、そここそが重要なとこですよね。ε-(´∀`; )

気が付けば、またソロプレイヤーのスタイルに戻ってきましたが、
オタッキーはしばらくはこのスタイルで、コツコツとレベル上げを頑張ります!




別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- stage 19: Choice -

新しいシステムになった五次元スクールでは、新しい自分になって、
これまで挑戦しなかったようなことにあえて挑戦していくと決めてる、
おたっきーゆっきーです。

それを早速に実行してみた1月に、
私が住んでる部屋の大家さんから「今まですごく良いテナントで居てくれた
ご褒美ということで、家賃は今のままでいいから部屋を今より広いところに
アップグレードしてあげるよ」とオファーをいただきました。
新しい自分で行こうとは決めてましたが、いきなり来ました!
このご褒美受けたら、もう後戻りはできないですよね、、、
どうするよ。どうするよ、おたっきー!?((((;゚Д゚))))

覚悟してご褒美を受けました。
そしておたっきーの家がアップグ レードされたのでした。

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- stage 18: School of magic -

1月のワークショップで先生から、魔法使いになれたことを少し紹介された
おたっきーゆっきーです。

ワークショップに参加した方の中には、今回の記事でおたっきーが使えてる魔法を
知ることができるのだろうと期待されてる方もいると思います。
期待されると裏切りたくなるおたっきーなので、
魔法のようにパッと現れていきなり特Aメンバーの仲間入りした
Kanakoさんヾ(*´∀`*)ノについて書こう、、、
と考えたのですが、今回は早く魔法のことを言いたいおたっきーの気持ちが勝ちました。
特Aの新メンバーについては次回書きたいと思います。

前回の記事におたっきーがどのように成功してるかと書きましたが、
これはどのように魔法を使えてるかと大きく関係している気がします。
五次元スクールの校長、椿先生の魔法の力を借りてマッサージサロンを持つという自分の
夢を形にできたおたっきーは、夢を叶えることに成功しました。
そこで終わりではないことを五次元スクール生はしっかりと叩き込まれてますよね!
五次元スクールやワークショップで教わってきたことを日常で実行すること、
そして優先順位を間違えないこと。
すごくシンプルなのですが、この二つをやり続けてたら気付けば魔法を
使えるようになってました。

「心を育てる五次元スクール」は自分磨きができる場所、
というところに惹かれておたっきーは生徒になりましたので、
もう一つの魔法使いになれるよっ☆の方は完全にスルーしてたんです。
だっておたっきーマグルですし、魔法少女に憧れとかなかったですし(ヾノ・∀・`)笑
なので、先生に「それ魔法使えてるじゃん」と言われるまで
魔法を使えてることに気付かなかったんです。

では、どのように魔法を使えているか?つまり、どのように成功しているか?ですが、
おたっきーのサロンは宣伝方法がクチコミだけにも関わらず、
オープンしたてから、ずっと黒字が続いてます。
おたっきーの苦手な分野の宣伝は得意な常連さん達がしてくださっています、
なので自分の得意分野の大好きな足ツボだけに集中できる夢のような環境で働けてます。
この流れは先生の魔法の力をお借りして作ってもらえているとしか思えません。
魔法が使えるようになってから、おたっきーの魔法は最近特に頻繁に発動してるのですが
(実はこの記事を書い てる最中にも発動しました)、
その発動条件などは全く分かってません。
ただ、おたっきーが「最近この常連さん来てないな」または
「近いうちにこの常連さんが来る気がする」と思った何分後かにその、
思っていた人から電話やテキストがきて予約が入るという魔法がやけに多く
起こり始めています。
ときには、どうしてるかな?思っていた二人からその日のうちに
連絡がきたこともあったので、これは魔法のレベルが上がったってこと!?と
おたっきーのテンションがおかしくなった日もありました。

こんなかんじで少し地味だけども、とても役立つ魔法のおかげもあり、
サロンをオープンしてからも成功し続けられています。
五次元スクール生の誰もが魔法使いになれるチャンスを持っているんだということが
伝わって、みなさんのやる気がインセンディオして(燃えて)くれることを願います。








別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- stage 17: Solo solo player -

これからの五次元スクールで新しいスタイルの自分に
挑戦していこうと思っている、おたっきーゆっきーです。

まりなのブログ記事完璧にやり遂げた。
「先生から教えていただいた通りの努力を続ければ、どんな人でも成功する」とありました。
本当にそうだとおたっきーは確信しています。
なぜなら、おたっきーがその通りになってるからです。
(まりなのブログの更新率に追いつくために、どのように成功できてるかは
次の記事用に取っておきます)

言葉より行動と先生から学んでるおたっきーは、
「五次元スクール生は夢を絶対に叶えられるよ!」という言葉を形にして
他の五次元スクール生に伝えることが夢でした。
おたっきーは基本ソロプレイヤーなので、
他の五次元スクール生とのやり取りはあまりせずに、先生から教わったことを1人で
実践して自分磨きを続けてきました。
今でしょと先生に背中を押され波に乗り、
あっと言う間にマッサージのお店を持つという8歳の頃の夢が形になり、
結果もう一つの夢も叶いました。

五次元スクール生の誰もが夢を形にできる環境にいるということに気付いて欲しいんです。

変わりたい/叶えたいと本気で思うことさえできれば、
それを100%実現するためのサポートアイテムが用意されてるんですよ!?
勝手に例えてみますと、五次元スクールとワークショップは
自分を磨くための情報が書かれた教科書や参考書で、
日常はそこから覚えてきた知識をいろんなパターンで実践し定着させられる問題集で、
電話セッションは解説付き解答書みたいな感じでしょうか r(-◎ω◎-)

この三つのアイテムをちゃんと使ってるのに結果が出てないという
五次元スクール生がいたら私に連絡ください。
絶対に結果に繋げていきましょう。

引き続きソロプレイでも経験値は稼ぎますが、
そろそろ他の五次元スクール生とパーティーも組んでみようと思います。

おたっきーゆっきーが挑戦する新しいスタイルは、

ソロソロ(パーティーも組める)プレイヤー。



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| オタクで結構コケコッコー | NEXT