オタクで結構コケコッコー

アイシスレインボーヒーリングメンバー、おたっきーゆっきーのブログです。

- Amami Tsubaki Tour -

「早くブログ書いてくださいよ」
まさかKentaに言われる日がくるなんて思ってもなかった
おたっきーゆっきーです、、、orΣ(; ・`д・´)ハッ
(あと、ブログでorz使いすぎ!とも言われてしまいました笑)

今回は大変お待たせしてしまった、奄美ツバキツアーについて書きます。
ただ、あまりにもぎっしりと詰まった2日間だったので、どこまで書けるか、、、
ここに書けなかった出来事は参加者のみぞ知るということで!笑

奄美ツバキツアーの初日はワークショップがありました。
奄美大島でワークショップが受けられるなんて!
ワークショップの内容については書きませんが、
ハワイでお留守番組だったSanaeさんがその日に合わせて先生に送られた
フラワーアレンジメントと先生の素敵な衣装姿をどうぞ~
奄美ワークショップ
そして、このワークショップでMinamiがひまわり組の仲間入りをしたんですよね!!

ワークショップ後は節田立神にいきました。
ここでみなさんはいろんな"波"を発見されてましたね!

先生はこの場所から自分への約束として
貝などを持って帰るのはありとおっしゃってたのですが、
私はすぐにやめておこうと決めました!(`・ω・´)b笑
自分からは探すということは全くしてなかったのですが、
帰る直前に出会ってしまいました。((((;゚Д゚))))
ハート石
ちょうどそのときにEmiさんが私の目の前にいて、
その出来事の終始を見られてしまいました。
もうこの石は持って帰るしかない気がしたので、ちゃんとやることを誓い拾うことにしました。
そういえば私以外にもう一人いましたね、その方は最後まで拾うことを拒んでましたけど。笑

奄美ツバキツアー中の天気予報では雨となっておりました。
確かに雨が降ったり止んだりはしてたのですが、
奇跡的にすごく天気が良かったのを覚えてます。
雨ですごく印象に残ったのは、ツアーの2日目に
地元のSaoriさんがご案内してくださったパワースポットであった出来事でした。
先頭で歩いていた先生が立ち止まり、
「ここから先は心して入る必要があります」とおっしゃいました。
いざ入ろうとした瞬間に強い雨が降り始め、
これ以上は入らないようにのサインだねと教えていただき引き返すことになりました。
そのときに先生が立ち止まっていたところがちょうど坂になっていて、横には空き地があり、
列の後ろの方にいた私はその空き地を見下ろせる位置から
先生がお話されてるのを聞いてました。
そのとき、同じく後ろの方にいたMisatoが
この空き地がハート型をしていることに気付き教えてくれました。
それはその場所で立ち止まったから気付けたことだと思います。
予定していた目的地まではたどり着けなかったかもしれないですが、
私達はすごいものをいただけたような気がします。

2日間でいろんな場所に行きましたが、
私の中で一番すごかったと思った場所は移動中のバスの中かもしれません。
目的地に向かうまでの間は先生がずっとお話してくださってました。
移動中のバスの中がまさに校舎でした。

そして2日目の最後、ラストには特別なサプライズもありました。
実は、あのサプライズは先生だけのために用意されていたもので、
先生がご自身のトクトク貯金を使って私達にも参加できるようにしてくださったことを
参加されたみなさんはご存知だったでしょうか!?
五次元スクールでも、あの方々のような団結力、熱さ、本気さ、
全力で楽しむ姿を見せて先生にお返ししていきたいなと思います!

今回のブログにツアー前日の下見のことも書きたかったのですが、
なぜかこの日のことはメモに残してませんでした。
この日だけで奄美ツバキツアーを終えた感があったほどのすごさだったのに、
出来事を鮮明に思い出せなくなってました。
早く書かないからですよね、、、orz

これで、日本ツアーの書く内容リストをクリアすることができました!!ヽ(=´▽`=)ノ
ブログを書くために過去のイベントなどを振り返ってみると、
そのときにどれだけのものをいただいていたのかを改めて気付かされます。
きっと先生から今いただけてるものを私がブログに書くころには、
そのすごさをさらに感じることができてるんだろうなと思います。
なので、今の時点ではまだその本当のすごさを理解できてないかもしれないけれど、
今のうちに感謝しまくっておこうと思うのです。笑



別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- Part 2 ~Tipi Ceremony~ -

満月の夜の儀式の後の帰り、車の中での先生は抜け殻状態でした。
フラフラしながら部屋に戻った後の先生の行動に私は感動して、それをメモに残しました。
しかし、ノートを読み返してもそのメモったことが見つからないんです。
携帯のメモ帳だったかなと携帯を手に取った瞬間に思い出しました。(*゚0゚)ハッ!!

「バタンキューされる直前、ふらふら状態でもエネルギーウォーターと
セージでキレイにされて、本当にすごいです。全力ってすごい。」と、
4/4 につぶやいて残してました。
あんなふらふら状態(起き上がりこぼしの揺れをイメージしてください)でも
ちゃんとクレンジングをされる先生にものすごく感動したのを覚えてます。
そして、この感動は他の人にも伝えないと勿体ないと思ってつぶやいたのでした。
これぞツィッターの正しい使い方ではありませんか!?笑
こらからもっとつぶやいていこうと思います。
楽勝ですもんね、先生? (・∀・)ニヤニヤ

ただ「感動した」だけで終わらせるべきではなかったことを、
私は後に思い知ることになりますが・・・そのお話はまた今度。

満月の夜の儀式の日、会場へ向かう道中はお花見をしに出かけてる人が多く
道路が大変混んでいました。
それで到着予定時間に遅れてしまったので、その学習から翌日(ティピの儀式の日)は
日曜日ということもあり、さらにお花見見物の人が増えることを予想して早めに
出発したのでした。
ところが、ティピの儀式当日は朝から雨が軽く降っていたので
お花見見物に出かける人は少なく、桜並木沿いの道は全く混んでおりませんでした。

そして早めに出発したおかげで時間に余裕があり、こんな素敵な写真も
ゲットすることができました!

桜トンネル

この時は車道を封鎖されていたわけではないのに、なぜか車が全く通らない
時間があったのです。
すると真由美先生は車を降りられて車道の真ん中、満開の桜並木の
トンネルを歩きだされたではありませんか!
おかげでいい写真が撮れたのと、そして超ご機嫌モードの真由美先生を会場に
お連れすることができたのでした。

前日に会場にお連れした時とは大違いでお連れする側は一安心しましたε-(;ーωーA フゥ…
会場に着いたころには雨はかなり激しく降りだしていました。
前日の満月の夜に予定されていたスピリットにご挨拶をするくらいと
おっしゃっていた儀式が、なぜか本番さながらの儀式となった。という理由はこれ、
雨だったのです。
儀式本番としていたその日が雨になると、もちろんスピリットはご存じだったからです。
先生は無意識にこの流れを見事にキャッチされていたのですね。

雨の中、始まった儀式でしたが、不思議なことに儀式が進んで行くにつれ、雨は止むか、
またはせいぜい小雨くらいですんだので、儀式は支障なく行われました。
それからティピの儀式の後には予定外のワークショップまで行っていただきました。
そしてワークショップが終わるタイミングにぴったりと合わせたかのように
雨がピタッと止むという奇跡を見せていただき、
外で5次元スクールのホームページのトップ写真を撮ることができたのでした♪

ティピの儀式

こうして満月の夜の儀式、ティピの儀式という2日続いての大きな儀式は終了しました。
ですが、ホッとする間もなく、
儀式から一夜明けた翌日のお昼には、奄美ツバキツアーの準備のため、
先生と一緒に奄美行きの飛行機に乗っていたのでした。
タタタッ!!≡≡ヘ(;- ω-)ノ≡ヘ(;・ω・)ノ

つづく


別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- Part 1~Full Moon Ceremony~ -

ブログの更新まだですか~?と聞こえてくるのは気のせいでしょうか?
そんな夢を見ました、おたっきーゆっきーです。笑
今回の日本での一ヶ月間、私はこの一ヶ月間で体験したこと、
感じたことを一生忘れません。

「一生やるとは、やる時間が一生あるのではなく、
一生やり続けること」by真由美先生


一生やり続けます。

☆満月の夜の儀式☆

今回は日本での一番最初のビッグイベント、
満月の夜の儀式について書きます。

このイベントは翌日のティピの儀式に向けて、ティピを建てる作業が行われ、
その後にちょっとしたお祈りをされる日だと思ってました。
なぜなら、前日に先生がそうおっしゃってたから!(。-`ω-)b

満月の夜の儀式の当日、先生が朝から現場へ向かうことに対して
異常な拒否反応を起こしてました。
嫌だ、行きたくないという言葉を何度も連発されてました。
そのときの私はなんでここまで先生が嫌がるのかを不思議に思い、
同時にデジャブのような感覚があったのを覚えてます。

そんなスタートではありましたが、先生を無事現場まで連れていくことに成功し、
まずティピを建てる前の儀式が行われました。

最高のティピ建て日和でした!byティピを建ててるのを見守ってただけの私

ティピ建て

そして、もう少しでティピが完成というところで空に現れたのは・・・
波の雲

今までに見たことがない波の形をした雲でした。
それを見た私はなぜか5次元クラスで勉強した因幡の白兎の波を思い出しました。

ティピの儀式に参加させていただくのが私には初めてだったので、
何度も参加されてるみなさんからの情報になってしまいますが、
ティピは今までで一番の出来だったそうです!本当に美しかったです。
そして、それが私にとっての初めて目にしたティピだったのがすごく嬉しかったです。

満月の夜の儀式が始まるまでの待機中にお茶をいただいたのですが、
(((( ;゚Д゚)))・・・!?

因幡の白兎

まさかの波とうさぎのコラボ、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
本当にすごすぎる・・・怖すぎる・・・ありがたすぎる・・・orz

そして始まった満月の夜の儀式。
ちょっとお祈りとおっしゃってた先生がティピの儀式のフルバージョンをし始めたのです。
ですが、それを知ったのは儀式後の完全に力尽きた先生を見たときで、
次の日のティピの儀式が本番だと思い込んでいた私は儀式中、
明日の儀式で私はどうなってしまうのだろうと本気で考えてました笑

なぜ先生があんなにも現場に行くのを嫌がっていたのか、謎が解けました。
無意識にこうなる(本番になる)ことをキャッチされていたのですね。
以前にも似たようなことが何度かあったことを思い出し、
デジャブのように感じたのも納得でした。

なぜこの日にフルバージョンの儀式をすることになったのか、
次の日になって私は知ったのでした。


つづく


別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- Introduction -

ブログに書きたいことがあり過ぎて書けないことってありませんか?

おたっきーゆっきーにはそんな幸せな状態はめったに訪れないのですが、
今がまさにそんな感じです(゚A゚;)ゴクリ

日本に着いてからノンストップです。
ものすごいイベントが次から次へと、良い例えが浮かばないのですが、、、
日本に着いてからの毎日がメインディッシュでわんこそば状態なんです。
出されたらありがたく、とりあえず食べれるだけ食べます。
食べるのと消化することに必死過ぎて、
ブログを冷静に書いてる余裕なんてないわけで、という状態です。笑
とにかく濃すぎです。ヒーハーヽ(´ー`)ノ
(*メインディッシュ=イベント、食べる=頭にインプット、
消化=頭のなかを整理という感じで例えております。)

このまま例えで続けるとバッドエンドになりそうなので、通常モードに戻ります。(*ノωノ)
あまりにもいろんな奇跡を見せていただきすぎていて、
頭に入れた最初の方の情報が整理されて外へポーンと投げ出されないかが
怖くなるぐらいです。

このブログでは、最初のイベントとそのときの奇跡を書く予定をしておりましたが、
まずはこれから必ず書く内容をリストすることにいたします。
次にブログを書くときは、このリストを見て、ノートを読み返し、写真を見て、
目を閉じ思い出し、ブログを書く。
星を一つづつちゃんとクリアしていきます。

★満月の夜の儀式
★ティピの儀式
★アマミツバキツアー




別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| オタクで結構コケコッコー |