オタクで結構コケコッコー

アイシスレインボーヒーリングメンバー、おたっきーゆっきーのブログです。

- stage41: Lightning(CC) -

久しぶりに足ツボを受けに来てくださったLAからのお客さんに、
ペルー旅行以来どこか行った?と聞かれて、
どこに行ったかを答えるより先に、やばい、ブログ書かな_:(´ཀ`」 ∠):と思った
おたっきーゆっきーです。

携帯からパソコンに写真を移しても、
ペルーツアーで撮った何枚かの写真は携帯に残したままにしてます。
写真を見るとペルーツアーの最中で起こった数々の不思議な出来事を思い出せます。
思い出してはブログで書いて、文字にして残すこともしていきたいです。(^◇^;)

今回は、1月のワークショップで先生が話されてる内容に相槌を打つような
完璧なタイミングで鳴った雷のことを先生の午前のアイシスで読んだときに、
なぜペルー帰りの飛行機での出来事を思い出したか、その繋がりを書きます!

ペルーツアー帰りの飛行機でおたっきーは窓側の席でした。
離陸後に窓を開けて空からの夜景をしばらく眺めてると、隣の席で寝てたはずの先生が
なぜか起きていて「今の矢印見た?」と急に聞いてきました。
矢印?を見つけようと必死に探すがどこにも見つからず、
先生の見間違いじゃないかと思い始めるおたっきーw
先生は「雲のところに矢印の光が飛行機と同じ方向にこんな感じで」と
ジェスチャーしながら説明してくれました。
先生が矢印の光を見たと熱弁されるから、
絶対見たんだろうと思いながら、雲をガン見するおたっきーw
すると雲の一部が光ったのが見え、その光の正体が雷だと分かり、
それを(ほんの少しですが)動画に収めることも出来ました!



1月のワークショップの時に、先生は雷と繋がれるんだ!と驚いたのですが、
ペルー帰りの飛行機での事を思い出して、
実はあの時からすでに雷は先生と繋がってたのかもしれない?!と、
身体中に電流のような衝撃が走ったおたっきーでした。



別窓 | ペルーツアー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- stage40: Time -

一週間に一度ブログをアップすると自分で決めたことを守れなかった、
おたっきーゆっきーです...orz

最後にアップした日付を今日確認して驚きました。
あの記事を書いてからまだ一週間経ってないと信じ切ってたので、
まず自分の目を疑いました。
そして何度も日数を数えましたが、10日経ってますよね(T ^ T)

今までも時間が過ぎるのが早いと感じてたのですが、
クリームアイランドタイム?は比べ物にならないほど早くて、濃いと感じます。

先日ゲームを有利に進められる情報「時間の稼ぎ方」をクリエーターから
ゲットしましたので、あとはこれを実践するのみ。
これが出来れば、どんなに早く時間が過ぎても、
一週間に一度のブログ更新は守れるはず!

ペルー帰りの雷について書く予定が、
自分の約束を守れなかったことでパニックして、すぐにこの記事を書いてます。(´Д⊂ヽ
次は必ずペルー帰りの雷についての記事にします。



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- stage39: Trustworthiness -

1月のワークショップでの雷について、先生が午前のアイシスに書かれてました。
実はおたっきーもワークショップ後にその時のことをツィートしてました。

参考までにツイート文を載せます。
「本日のワークショップ、ハワイ側では不思議なことがありました。
人を傷付けることの例えとして、先生はある人のことを話されました。
「こんなことを続けてて、この人には返るよ」とおっしゃったそのタイミングを
待っていたかのように大きく雷が鳴りました。」

普段からおたっきーは人の話をそのまま信じるということはしないようにしてるので、
もし誰かから上に書いたような話を聞いたとしたら、頭から否定することはしませんが、
 「そんなこともあるんだー」 ぐらいにしか受け止めないかもしれません。
ですが、実際にその場でその状況を目撃してしまったら 
「こんなことがあったんだよ!!!」 と自慢して言う側になってしまいますね。( ̄∀ ̄)

今回は雷でしたが、こういう不思議なことが起こるのはこれが初めてではなくて、
先生の発する言葉に、ありえないようなタイミングで 「そうだよ」 と相槌を打つように
突風が吹いたり、突然雨がザーッと降ったり、行くところ行くところで虹が出たり、
と見せてくれたりもするのです。

ハワイ側ではワークショップや五次元クラスで複数の人がそういうのを何度も見てるので、
先生と居た時にそういう事があったという話をおたっきーが誰かから聞いたとしたら、
 「絶対にあったんだな」 とおたっきーは100%信じます。
話してくれた人を信じてると言うよりは、先生ならありえると知っているから信じれる。
基本、人は疑ってかかるべきと考えるおたっきーでも、言葉と行動が伴う生き方を
見せ続けてくれる人のことは信じようと思えるということが分かりました。

とは言っても、先生の言う事の全てを鵜呑みにして信じるという意味では
ないですからね∑(゜Д゜)
もし、オタッキーの中で沸々と疑問に思うことが出たとしたら先生に質問します。
そうすると先生は嫌な顔一つもせずに、おたっきーが納得するまで話し合ってくださいます。
そういう姿勢をずっと見せ続けてくれてるので、そりゃ信じたくもなるのです。

そういえば、雷について先生が書かれてたブログを読んでる最中に、
おたっきーはペルーツアーの帰りの飛行機であった驚きの出来事を思い出しました。

そのことは次回のブログで書こうと思います!





別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- stage38: MOTHER -

何が嘘で何が本当か分からない情報が飛び交うネット上で、
嘘の情報を書かれることがどんなにその人を傷付けてしまうかを
実際に自分でも経験をし、絶対に人を傷付けるような嘘を書いたり、
言ったりするような人間にはなりたくないと、
最近さらに強く思っている、おたっきーゆっきーです。

おたっきーはでっち上げたり、話を盛ることをせずに、
自分が知る限りの事実をありのままブログに書くことを心掛けます。
たまに自分が正しいと思う生き方や考えなどもブログに書きますが、
それはおたっきーの意見であり、それを他の人に押し付ける気は全くありません。
もし、おたっきーが書く内容に共感してくださる人がいれば、
心友になって欲しいです(*´꒳`*)

さて、今回も村上密さんのブログからですが、
おたっきーが自分の母親を「先生」と呼んでることについての理由を書きます。
本当は「それの何がいけないの?」で終わらせたいところなのですが、
それがさも悪いことをしてるようなニュアンスで書かれてるので説明しますね( ´_ゝ`)

高校の時のことです。おたっきーと同じクラスだった子のお姉さんが
私たちの通う高校で教師として数学を教えていました。
それでおたっきーとその子は授業をその子のお姉さんから
教えてもらうことがあったのですが、その子は例え自分の姉であっても、
授業中は他の生徒と同じく先生のことを普通に「先生」と呼んでました。
学校で「お姉さん」と呼ぶことは一度もありませんでした。
これって常識では...ない!?(・・?)

「真由美の娘だが、お母さんとは呼ばない。」とわざわざ書かれるのは、
日本ではこういうシチュエーションがないから?
おたっきーが学びたいことを教えてくれる人は誰であろうと、私の「先生」です。

あと「いつも「真由美先生」と呼んでいる。」とも書いてありましたね。
いつもって便利な言葉ですね...(^◇^;)

おたっきーは学びモードになってるとき(クラスやワークショップなど)は「先生」と呼び、
それ以外の時は「Mom」か「ママ」と呼んでます。
確かに日本語で「お母さん」とは呼んでないですね。
まさか、母親の呼び方をブログに書く日が来るなんて_| ̄|○

母親といると常に学びがあるという意味では、
いつも「先生」と呼ぶべきなのかも!?∑(゚Д゚)と考えさせられました。



別窓 | 村上密牧師 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

- stage37: T/F -

オタクの妄想力はすごいですが、
村上密さんも負けてません。
彼のブログで、おたっきー(有希)と先生(吉田真由美)の
キャラ設定がどんどん出来上がってきてますね。

おたっきーが特にウケたのが、ギャンブル好き設定です。
ラスベガスへ出かけたこともあるらしいです。本人初耳ですけどwww
行ったこともないベガスで、
聞いたこともないホームページを作成したんですか、私。
さすがにそのキャラ設定は無理あると思います。

ただ、ギャンブル好き?とまでなるかは分かりませんが、
人生で一度だけパチンコはしたことがあります。
エヴァンゲリオンのパチンコが導入されたと聞いたらつい手が出ちゃう。
だって、オタクなんだもん(〃ω〃)
一瞬で消えた千円で我に返ったおたっきーでした。
あと、ゲーセンでエヴァとキン肉マンのスロットもやったことあります。

The LORD detests lying lips, but he delights in people who are trustworthy.
偽りを言うくちびるは主に憎まれ、真実を行うものは彼に喜ばれる。
Proverb 12:22 箴言12:22 

牧師の場合は嘘をついても大丈夫という特別なルールがあるのでしょうか?(; ・`д・´)



別窓 | 村上密牧師 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| オタクで結構コケコッコー | NEXT